メニューへジャンプ 本文へジャンプ

ガラス フィルム

本文の開始

ガラス フィルム

 

ガラス フィルム

 

ディフェンスJフィルムは、数々の住居やオフィス、商用施設で使用され、アメリカなど海外でも幅広く導入されその信頼性は長期にわたり実証されています。

さらにディフェンスJを貼ったガラスが破られ侵入〔泥棒に限らず雨・風・火の侵入も対象〕盗難等の被害にあった場合、ガラスの修理代や、被害額の10万円までを補償します。(補償期間2年間)

 

ガラス フィルム ディフェンスJフィルムの特徴

 

高耐久性・高耐貫通性のディフェンスJフィルム

 

1.耐久性の高いポリエステルフィルムと複数の接着剤で丈夫な構造です。

2.無色透明なのでディスプレイなどの美観を損ないません。

 

 

防犯機能

 セキュリティの第一歩は侵入させないこと!不法侵入による犯罪の約70%が“ガラス破り”によるものです。 防犯フィルムを貼ったガラスは、ひびは入りますが、抜け落ちることが無く、簡単に貫通して手を入れることができません。

 

泥棒の侵入被害状況と対策

 

空き巣は窓を簡単に破ります

プロの窃盗グループによる盗難、悪質なストーカー行為、性犯罪など、近年不法侵入による事件が急増。警視庁の調べによると、侵入手段の6割以上がガラス破りによるものなのです。

泥棒は侵入に時間がかかると犯行を諦めます。被害を食い止めるためには、まず窓やドアなどのガラスを補強する必要があります。お宅の防犯対策は万全ですか?警報機がなって警備員が駆けつけたのでは遅いのです。被害を受ける前に食い止めましょう!

 

ガラスフィルム ディフェンスJフィルムのその他の効果

 

ガラスフィルム 防災機能

 

なぜガラスの飛散防止が必要なのでしょうか?地震時、建物のひずみや台風の風圧によっておきる窓ガラスの飛散、ガラスに気づかず起きる、子供や老人のガラス衝突事故など、あらゆるガラス飛散事故や人の衝突などからの悲惨な事故から守ります。

<2005年3月福岡での地震>
2005年3月福岡での地震

地震空白域とされてきた、九州北部を震度6弱の激しい揺れが襲いました。銀行・書店が入る天神中心部の「福岡ビル」では、表通りに面したガラス窓数十枚が割れ、厚さ1pほどのガラス片が無数に路上に散乱しました。裸足で悲鳴を上げながら走る女性の姿もあり、地震当時においては「もし下に人が歩いていたら・・・」と考えると、背筋が凍ります。

 

ガラスフィルム UVカット機能

肌の老化に大敵のUV−Aを98%以上カット!生活紫外線と呼ばれるUV-Aは窓ガラスや雲を通るので、日常生活の中でもうっかり浴びてしまいがち。長期間浴び続けると、しみやたるみなど老化を引起す原因となります。このUV-Aを99%カット。またカーテンやフローリングなど内装材の褪色防止にも効果を発揮します。

 

ガラスフィルム 断熱機能

「DJF1508N」は他にはない透明タイプの防犯・断熱フィルムです。断熱効果を発揮する可視光線透過率が65,6%と高く、太陽熱を35%遮断します。夏の冷房時はもちろん、赤外線を反射し冬の暖房効率を高め省エネルギーに優れた効果を発揮します。

 

ガラスフィルム プライバシー保護

「DJF1508M」は他にはない厚さ0.254ミリのマットタイプ(乳白色)防犯・ブラインドフィルムです。住宅の浴室やマンションの通路側のガラス窓など防犯とプライバシー保護の二つの要求に満足し内部は見せたくない場合に効果を発揮します。


 

ガラスフィルム商品規格と価格

 

参考価格

施工面積20u以上の場合、14,490円/u となります。透明ガラスの場合であり、20u以下の場合は割増となります。

 




ページの上部に戻る


ページの終了


PAGE
TOP